読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのかみさま

あれ

※文脈もなにもあったもんじゃないです


思春期をこじらせたわたしと自担の大きな仕事を喜ぶジャニヲタのわたしが延々と殴り合いをしている。決着は、まだ当分つきそうにない。

先達の方に聞いてまわりたいのは、世界一だいすきな男の子が、世界一衝撃をうけた作品を演じるとき、どう思うのが正解なんだろう。

2015年9月21日お昼ごろ、外出先へ向かう電車内で第一報を聞いた。わたしは、その前日に丁度同じジョージ朝倉原作のピースオブケイクの上映を観に行き、それが予想以上に原作を大切に作られていたものだから、上機嫌で「ハートを打ちのめせ」とか、いちばんだいすきな「溺れるナイフ」を読み直そうと考えていたところだった。気を抜いたら泣きそうで、お友達にリプライを送り、とりあえず目の前の仕事をこなした。あの日から、ずっと正式発表される日を待っていた。一生来ないでほしいとも思っていた。

溺れるナイフをはじめて読んだ衝撃を今でも覚えている。中学生の、人が作り出したものにひたすらに触れたくて、漫画も小説も読みあさっていた中で、たまたま本屋で手にした1冊だった。ど真ん中を突き刺すような感覚。心臓を鷲掴みにされて、本当に息が止まるかと思った。動悸がおさまらなくて、半泣きで、その日は逃げるように店を出た。

あれから何年、大人になっても読み返すたびに息が詰まる、このめんどくさい人格形成に多大なる影響を及ぼした、特別な大切な、作品だ。

正式な出典も思い出せないが*1ジョージ朝倉先生は、映像化できないような作品を作ろうと溺れるナイフを描いたと聞いていたから。ずっと、わたしだけの世界で、好きなものと好きなものが交わる、そんなことは一瞬たりとも考えたことがなかった。

菅田将暉くんは、顔のつくりも鼻の高さも横顔も、漫画から飛び出してきたみたいな男の子だとピースオブケイクを観た時に感動した。原作の川谷ではないけれど、間違いなくジョージ作画の人だ。イヤだけど、いまこの世でコウちゃんを演じるのが菅田くん以外ならもっとイヤだと思った。あとわたしは普通に菅田くんのファンだ。夏芽役の女の子の情報は、最初には入ってこなくて、ただ全能感をもったうつくしい女の子、いちばん近しい所に見える小松菜奈ちゃん以外の人がやるのであれば死に切れないと願った。ら、叶って、それだけは正直、安心した。

そして、重岡大毅くんの名前がならんでいた。わたしのかみさま。うれしくない?死ぬほどうれしい。だけど、どう思っていいのかがわからない。ひかりみたいな人。大友に合っているとかそうじゃないとか、ちっともわからない。冷静な判断がつかない。おめでとうと心から言いたいのに、言えない。


溺れるナイフを読んだことのない重岡担、チューだけは間違いなくするぞ!だけど、あんなにかっこいい男の子の役、めったにない。だいすきなきみをなきながらでも、はやくお祝いしたいとぼんやり思う。

*1:映画化発表のコメントでも言ってはいたが